■レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

今現在視力が悪くて眼鏡などの補助器具を使用している人は、裸眼で生活が出来ることを想像してみてください。
何かと便利な生活が送れるようになり、素晴らしい世界観を楽しむことが出来るでしょう。それを実現させてくれるのがレーシックなのです。レーシックのあまりにもひどい失敗例ですが、感染症に感染してしまうリスクはつねに付きまとうことになります。
特に多いのが角膜感染症と呼ばれているものであり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染をしてしまうのが原因となります。レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっています。
このことから手術そのものの危険性と考えるよりも、クリニック側が大きな問題と言えるのです。

 

フラップの作成やレーザーの照射時には角膜が無防備な状態となっているものですので、結果感染症にかかりやすくなります。
なので消毒や滅菌などがクリニックでしっかり実施されているかが選ぶポイントとなるのです。
視力のことで悩みを抱えている人というのは世界中で非常に多くいらっしゃいます。
これまではメガネやコンタクトなどの補助器が使用されてきましたが、今ではレーシックによって視力回復をすることが出来るのです。

 





免許合宿の紹介
URL:http://www.menkyo-designer.com/
免許合宿の紹介


■レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:2017/03/26

みなさまにも経験があることだと思いますが、
体操して体質を動かすと、食欲がわきますよね。

この子どもでも知っている事実を
これまでの減量理論では無視してきたんですよね。

まるで人間を食欲がないロボットのように仮定し…
いつものように食べても、
それ以上に体操して、
消費カロリーを摂取カロリーより大きくすれば痩せられる…
このように言い続けてきたわけです。

体操することによって
摂取カロリーより消費カロリーを大きくして痩せる。
実際にこれが可能ならば、一番健康的ですばらしい方法です。

あくまで実際に可能であるならば…

しかし、現実的には体操によって
体重を減少させようとしている人のほとんどが
途中で挫折し、むしろ体重が増加しているのではないでしょうか。

「減量=体重の減少」とするなら、
体操によって体重を減少させることにはかなりの困難を伴います。

例えば、
なぜ、あれほどの練習を積んで体操しているボクサー達でさえ、
試合前に食事制限による減量することが多いのでしょうか?

それには様々な理由がありますが、
その大きな理由の一つは、
人間誰でも体操したらお腹が減りますから、
その分普段は食べてしまうため、
試合前ぐらいでないと空腹を我慢することができないことが挙げられます。

一般人が、
ボクサーが行っているのと同じレベルの体操が可能だと思いますか?
しかもあれほどの体操をしても、
ボクサーは試合前に減量が必要なのです。

この「体操すると普段より食欲がわく」という
単純な事実を無視してしまうと、体重を減らすことはできないのです。



ホーム サイトマップ