■目に疾患がある時のレーシック

まだまだ正直な話し、レーシック手術というものが老若男女問わずに広く知られているというワケではありません。
しかし安全性が高くなってきた今、その他の医療行為と同じように当たり前の手術として確立すること間違いないでしょう。レーシックを受けることの出来ないケースとしては、目に何らかの疾患を持っている時となります。
レーシックというのは、非常に敏感な部分となる目を取り扱っているために、治療を受けられる人に制限があるのは仕方の無いことなのです。緑内障や白内障の方や、またはぶどう膜角膜、ヘルペス性角膜炎を起こしたことがある方はレーシックを受けることが出来せん。
また角膜疾患を起こす可能性のある薬を服用している方も断られてしまうことがあるのでご注意ください。

 

目に何らかの病気や疾患があったり、特定の症状があったりする場合は、治療を断念になければいけないことがあります。
そのようなことはレーシックの事前検査でわかりますので、担当医に従う必要があります。
誰もが視力を回復させて、メガネやコンタクトに頼ることのない快適な生活を取り戻したいと思っていることでしょう。
何かと面倒くさいそのような視力補助器具を使用することなくレーシックでしたら普通に生活をすることが出来るようになるのです。

 





医療レーザー脱毛ドットコム
URL:http://matome.naver.jp/odai/2140660499171473101
医療レーザー脱毛へ


■目に疾患がある時のレーシックブログ:2017/04/23

二年前の夏、ぼくは、
近くに住んでいたスリランカ人の学生と
友人になった。

学生と言ってもその人は、
30代半ばの家族持ちの父親で、
家内と1歳になったばかりのむすこ、
そして70歳の自分の父親を連れて来日しており、
大学院生として学業に励んでいた。

その4人は薄汚く風通しの悪い
2DKのアパートにひしめき合って住んでいた。

人懐っこい彼らの招きに応じて訪問したが、
クーラーがない上に、
窓を開けてもほとんど風が通らないその部屋は、
2台の扇風機を回してもまるでサウナの様だった。

14時間は暑すぎて集中できず、
彼は深夜に起きて論文を書いていた。
 
さらに、来日して間もない彼らにとって、
日本語が話せないということは
かなりの難題となった。

彼らの1歳のむすこはよく体調を崩した。
初めての子育てで不安が多い上に、
そのむすこを病院に連れていっても
医者が何を言っているのか分からないと本当に困り果てていた。
 
何より、
母国スリランカの政情不安は
この家族の心配を煽った。

内戦下での公共機関を狙った相次ぐテロは、
祖国に残してきた家族や友人の安全を脅かした。

ぼくが彼らの家を訪問する度、
インターネットで明らかにされる
愛する母国の惨状を深刻な面持ちで見ていた。

自然豊かな美しい国が、
醜い人の死と共に荒れ果てていくのを見るのは、
彼らにとってどれほどの悲しみだっただろうか…
 
決して彼らを取り巻く環境は
良いものとは言えなかったけれど、
彼らは不幸には見えなかった。
それどころか、とても明るく生きていた。

最初は困っている外国人を助けようという
同情心から付き合い出したぼくは、
いつしかそんな気持ちがなくなっているのに気づいた。

嗚呼,いい気分

ホーム サイトマップ