■あの松坂選手もレーシックを受けました

勘違いされている人が多くいますが、レーシックというのはとっても安全性の高い手術であり、注目されているのです。
さらに視力が悪化してしまったり失明なんてことはほぼありませんので安心してレーシックを受けてください。松坂投手がレーシックを決意したのは、先輩が実際に治療したのを聞いて決意したと言われてます。
このことは雑誌やテレビでも報道されているように有名な話なのです。レーシックで0.05の視力が1.5まで回復した松坂投手も現在では、アメリカで大活躍をしています。
この活躍もレーシックをすることによって、視力が回復した効果もあるのではないでしょうか?

 

レーシックの手術の感想として松坂投手は「全然問題ないと言われていたし、しかも治療はアッという間に終了して苦痛もなかった」と報告をされています。
またレーシック手術後の感想としましては「全てがクリアに見えるようになり喜びを実感しています」と会見をしていました。
レーシックの一番の大きなリスクとしましては、その確率はほぼ無いと言ってもいいですがやはり失明というリスクがあります。
しかし実際に失明をしたという例は無く、多くの人が視力を回復し普段の生活を眼鏡等を必要とすることなく送っているのです。

 



■あの松坂選手もレーシックを受けましたブログ:2017/08/06

ワールドカップの日本代表を応援するため、
親父がはちまきを買ってきた。

親父はそのはちまきを締め、
お酒を片手にテレビの前を陣取っている。

「こういうのはな、団結が必要なんだ。気持ちで勝負だ。ここに味方がいるぞ!」

あきれる僕たち家族をそっちのけに
親父は大声で選手と一緒にボールを追っていた。

それを機に孫である、
僕の女の子の運動会にも
親父ははちまき姿で登場した。
周囲のくすくす笑う声もなんのその…

女の子も祖父の必要以上の応援に少し気恥ずかしげに、
もじもじしている様子。

熱い応援も功を奏すことはなく、
徒競走では、思いっきり転んでしまい
結果はびりから二番目だった。

そんな折、
親父の母親である
僕の祖母が認知症の症状がひどくなり、
施設に入院することとなった。

九十歳に近い祖母は家族の顔はすっかり忘れ、
孫である僕のことはもちろん、
自分が産んだ息子のこともおぼろげになっていた。

祖母の入院する施設に親父と僕で会いに行った。
親父の顔を見ても、恭しくお辞儀をするだけの祖母。

親父は何と声をかけたらよいか迷っているようだった。
無言の時間がどれだけ続いただろう…

親父は自分の汚れたズボンのポケットから
例のはちまきを取り出した。
そして、そっと、祖母の真っ白な頭に巻いてやった。

「気持ちで勝負だよ、母ちゃん。
ここに味方がいるぞ。家族はいつでも母ちゃんの味方なんだよ!」

そう、声をかける親父の目には涙がにじんでいた。
僕は後ろで声を押し殺して泣いた。

祖母はやわらかく微笑んで、そのはちまきを触っていた。

ホーム サイトマップ