■レーシックを受けることの出来ない目の状況

レーシックは保険対象外となっていますので、いつも利用をしている保険証で費用を減額してもらうことは出来ません。
しかし最近では多くのクリニックでキャンペーンが実施されていますので上手に利用してお得に視力回復を実現させましょう。レーシックの手術を受けることが出来ないケースとして、まず挙げられるのは角膜の厚みが足りない方となります。
あなたの角膜というのは事前の検査をすることによって、知ることが出来るので後々問題になってくることはありません。レーシックの手術で角膜をレーザーで削ってしまった後でも、十分な厚みを持っていれば再手術をすることが出来ます。
角膜の厚みにつきましては、事前に各クリニックで検査をしてくれるので心配はいりません。

 

レーシックの手術では、角膜の形をレーザーによって調整をしていくことになります。
目に入ってくることとなる光の屈折の角度を調節していきますので、角膜というのは非常に重要な部分となるのです。
もしこれからレーシッククリニックを探そうと考えているのでしたら、簡単な気持ちで探してはいけません。
最も大切なことは医師の経験であり、口コミサイトなどで数々のレーシックに関する情報収集をするようにしましょう。

 



■レーシックを受けることの出来ない目の状況ブログ:2017/03/20

今まで順調に育っていた半年になる女の子が
突然全く母乳を飲んでくれなくなったのは、
去年のお正月のことでした。

おっぱいを吸うどころか
「ギャーギャー」とかんしゃくを起こした様に泣き出し、
そんな日が2日も続いていました。

お正月という事もあり、
かかりつけの産院も開いておらず、
知り合いの紹介で藁にもすがる思いで
車を60分走らせ、助産院に行く事になりました。

行ってみてびっくり、
その助産院の助産婦さんは、
八十八歳のおばあちゃんだったのです。

泣き叫ぶ女の子をわたくしの隣りに寝かせ、
母乳マッサージをしながら、
ゆっくりとした口調でわたくしに話しかけてきました。

「この子は何でこんなに泣いているのかわかるかえ?」
「たぶん、お腹がすいているのだと思うのですが…」
「あんた、2日前、ご飯何食べた?」
「えっ、ご飯ですか?」

変な質問するなぁ…と、
わたくしは疑問に思いましたが、助産婦さんは続けました。

「母乳はな、血液なんよ。
だから、ママが食べた物がエネルギーになり血になるんや、
それが母乳になり、赤ちゃんのご飯になるんよ。
ママがみかんを食べ過ぎれば、オレンジ色の母乳が出るし、
ハヤシライスを食べれば、ハヤシライス味のまずい母乳になるんよ。
赤ちゃんは、おいしい、おいしくないが分かっているんよ」

その言葉に、わたくしは全身が凍りつきました。
確かにわたくしは2日前ハヤシライスを食べていたのです。

まさか、たった一度の食事で
2日間も女の子を苦しめていたなんて…

母乳マッサージを終え、
泣き叫ぶ女の子を抱き母乳を飲ませました。

あんなに嫌がっていたのに、
わたくしの目を見ながら、
女の子はお腹がぱんぱんになる位おっぱいを吸い、
すぐにすやすや眠り始めたのです。

ホーム サイトマップ